2020年3月 8日 (日)

シンガポール旅行【飛行機編】

シンガポール旅行記第二回は前回の準備編に続いて飛行機編。
なかなか現地に到着しません。

今回選んだのはJALの羽田-シンガポール線のプレミアムエコノミー。
プレミアムなのかエコノミなのか判断に迷います。
位置づけとしては、エコミーとビジネスの間ということです。

選んだ理由、つまりは魅力は、というと3点。

1.年末にセールをやっていて安かった。
2.久しぶりの中距離路線なので、エコノミーで耐えられるか不安だった。
3.プレエクはマイルが100%つく。

マイルはテクニカルで、普段、飛行機に乗らない人は知ることのない話なのですので、ここで解説です。

マイルというのは、本来は乗った距離に応じて与えられるポイントなのですが、ブッキングクラスによって、付与率が大きく変わるんです。
基本的には、高い座席、つまりファーストやビジネスは割増が行われ、エコノミーは割り引かれます。
ブッキングクラスというのは、この座席と、座席の値付け、つまり早割だの、キャンセルできない代わりに値引くだのといった航空券の性質との組み合わせで、JALだとざっと23種類程度あります。

プレミアムエコノミーだと現状は、おおむね100%のマイルが付きます。
今年(2020年)の10月からは、ブッキングクラスがEだとプレミアムエコノミーでも70%になるので注意が必要ですが。

このブッキングクラスにつくマイルは、ボーナスマイルやステイタスのポイント換算の基準になるので、飛行機道を究めたい皆さんには、重要な概念になります。

あ、特に究める気はないですか。そうですか。そうですね。

さて、そういうわけでプレミアムエコノミーでの旅ですが、エコノミーのおおよそ倍の値段。
でも、席の広さが倍になるわけではありません。
何がプレミアムかというと、まずビジネスクラスのラウンジが使えます。
JALの場合は「さくらラウンジ」というラウンジです。

国内線もさくらラウンジはありますが、国際線は国内線より立派。
何が立派というと、ビュッフェスタイルの食事が出るということですね。

Img_1466_400

こんな感じで、2~3千円ていどのホテルビュッフェなみの食事ができます。
銘柄とか価値はよく知りませんが、よさげなワインも飲

み放題です。

食事代だけで航空券の差額は埋まりませんが、飛行場で居場所なく過ごすことを考えると、安全で清潔なラウンジが使えるのは助かりますね。

あと地味な魅力ですが、預かり荷物の優先順位が上がるので空港での荷物の待ち時間が減ります。
ただ、最優先まではいかないと思いますが・・・

Img_1971_300

さて、今回はここまで。
今回は、プレミアムエコノミーの空港でのサービスの説明でした。
まだ飛行機に乗り込むこともできませんね。

次回は飛行機に乗ることができるのでしょうか?

2020年3月 5日 (木)

シンガポール旅行【準備編】

Img_1509_400


2月の飛び石連休を利用してシンガポールに行ってきました。
自己手配で現地のアテンドがない旅行が自由にできるようになりたいと思い、その入門編として選んだのがシンガポール。

治安も安心でぼったくりなどの不安もなく、都市国家で公共交通の整備も進んでいるので、道に迷っても空港まで戻ることができるだろうというのが選定理由。

さて、せっかく旅行したので、旅の思い出とノウハウをメモにして残しておきたいと思います。


シンガポールはMRTという地下鉄が張り巡らされていて、大概の観光地は電車で行けます。
乗る時もEZ-Linkカードというシンガポール版Suicaで乗り降りできるのが特徴。

とはいえ、このEZ-Linkカード、デポジットに5ドル必要だったり、旅行者にはハードルもあります。
それを解消するサービスを見つけました。

現地の携帯電話キャリアのSingtelが出している「hi!Tourist 2-in-1 SIM Card」というカード。
どういうものかというと、基本の商品は現地SIM、つまりスマホに差し込むことで、現地のキャリアの通信網を使え、しかもプリペイドタイプなので料金も気にせずに済む、海外でのパケ死を回避できる商品です。

 

Simezlink01_small

 

日本のキャリアの定額ローミングサービスもあるけど、1日1,000円弱と高く、しかも、パケット自体は日本で契約しているパケットを消費するので二重払い的な気分がすること、専用アプリを入れないといけないこと、なにより、本当にパケ死を回避できているか不安なことがあって、物理的に日本のSIMを抜いて、現地SIMを刺すほうが、私は安心。
お値段も、15ドルで100GBの通信料(7日間使える)とお得だからです。

しかも、このカード、SIMの部分を取り出してスマホにさしますが、残ったカードはEZ-Linkカードとして使えます。それも最初から3ドルのチャージが入って。

つまり実質12ドル、さらにデポジット5ドルも不要なので、実質7ドルとも言えます。(デポジットは帰り際にMRTに窓口で払い戻しも受けられるはずですが)

なお、これ事前にWEBで買うと15ドルですが、現地で買うと18ドルです。


ただ、注意点があります。
このSingtelのサイト、やや不安定なのと、注文完了のメールがすぐに来ないこと、だいたい30分くらいは見ておいたほうがいいです。
それとサポートがチャットなんだけど、かなり頼りない。
チャットで聞いても、「よくわからないから電話(国際電話!)しろ」といわれ、電話するとシングリッシュ(シンガポールなまりの強い英語)で分かりずらい上に要領を得ず、「うちは電話の契約者のサポートでカードのことは知らん」と言われる始末。

まあ、30分待つのだ、とわかっていたら焦る必要はないでしょう。

次回に続く・・・かもしれない

2018年11月14日 (水)

有馬温泉で紅葉狩り

今日は思い切って有給休暇を取って有馬温泉に紅葉狩りに。

まずは六甲有馬ロープーウェイを有馬側から上り、そのまま有馬に下りました。
六甲山頂に用がなかったのもありますが、今日は上りが満員で下りは貸切状態だったので、空いているうちに下りに乗って紅葉を堪能背負いたかったから。
その山いっぱいの紅葉はこちら。

Img_0723_2

町中の紅葉も素敵でした。

Img_0713_2

ねね橋では作り込まれた景色がGoodです。

Img_0707_2

一旦、午前は「かんぽの湯」に行って、源泉かけ流しの贅沢な金の湯(鉄分の多い濁った温泉)を満喫。
ロビーには温泉娘がいました。

Img_0758_2

今は何でも萌キャラなんですね。
午後、後半は瑞宝寺公園。
今が一番の見頃です。

Img_0781_2

最後の締めに、竹取亭別邸康貴で、レトロな浴槽に浸かり、

Img_0792_2

二度目の温泉を楽しんで、盛りだくさんの一日でした。

2010年3月14日 (日)

月ヶ瀬梅林を駈ける

P1000692 梅のシーズンが到来!
今週は、月ヶ瀬梅林(奈良)を駆け巡ってきました。
日本初の名勝指定地ということで、観光客も多いかと思いましたが、それなりに混むものの、桜の花見ほどではありません。

天候にも恵まれて、梅も満開。
申し分の無い春のリゾートです。

んで、いい写真がいくつかとれたので、ご紹介。

P1000658

基本は、こういう白梅。

 

 

 

P1000702

紅梅は、食堂とか、お店の軒先に多かった。

 

 

 

続きを読む "月ヶ瀬梅林を駈ける" »

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ