2013年5月 3日 (金)

新世界より(ネタバレあるよ)

アニメ版を見て面白かったので、小説版にも手を出して読了。
分厚い文庫本で3冊という大長編ですが、1日で読めました。

一番の魅力は、なんと言っても、主人公(早季)達の暮らす「新世界」が、どんな血塗られた歴史の上にあるのかという、大河歴史物語ですね。

アニメ版でも十分に堪能できましたが、小説版の魅力は、主人公の心理描写や回想が充実していて、アニメを見ていて気づかなかった発見があることです。

まさか、早季が安全保障会議まで真理亜の死や、遺骨の届け出を知らなかったとは・・・
そして、アニメ版では明確に描かれなかった早季の最後の決断も印象的でした。

アニメを見た人にも、是非読んでいただきたい作品です。

2013年3月31日 (日)

新クロサギ 18巻


出版社: 小学館 (2013/3/29)
ISBN-10: 4091850375
¥580

累計800万部越えの人気マンガ「クロサギ」の38冊目です。
今回は、AIJ投資顧問の企業年金資金消失問題を題材にした年金運用詐欺と、海外ブランドの進出詐欺をテーマにしています。

事件の規模も、どんどん大きくなり、ドラゴンボールで言えばセルゲームなみにスケールアップ。

そんなわけで、「新クロサギ」は、今巻で終わりです。

まあ、6月に完結編第1巻が発売ですけどね。