2022年1月 1日 (土)

【自動車の250年史】第1話 自動車の黎明 

 ◆"自動車"の発明
自動車の歴史をいつから始めるのか、自動車の定義と相まって難しい問題です。
以前はガソリンエンジンこと内燃機関の発明を最初とすればよかったのですが、電気自動車(BEV)が脚光を浴び、内燃機関車をICE(Internal Combustion Engine)と呼んだりする時代に入り、もう少し幅広く見てみてもいいかと思います。

となると、人類が体系的に人工の動力を得た蒸気機関の発明が、自動車のスタートになるでしょう。
実用的な蒸気機関は、1712年のニューコメンによる炭鉱の排水ポンプ用蒸気機関です。この機関を乗り物に応用したいという情熱はあったようですね。
この蒸気動力による乗り物は、1802年にトレビシックの蒸気機関車として、1807年にロバート・フルトンの蒸気船として実用化されていきます。

自動車を、レールのない陸上のタイヤのついた乗り物と考えるなら、実は鉄道に先立つ1769年にフランス軍が大砲を引く動力としてキュニョーの砲車を開発しています。フランスの主張としては、少しは動いたようです。まあ、すぐに横転したりと実用性は乏しかったようです。

01_01_

キュニョーの砲車

実のところ、自動車の黎明期では、自動車の動力の本命は、この蒸気機関と電気モーター、そして内燃機関で相争うことになります。


◆"自動車"の本命争い
自動車の本命争いも、当然、蒸気機関がリードします。
なにせ、1712年には実用化も成った人類が大自然を乗り越えた産業革命の象徴です。これに追いすがるのが、内燃機関……ではなく、EVです。

1827年に電気モーターが、原理もわからず、ただ動くと発明され、早速に電動車は作られていきます。

この時代、産業革命で先行する英仏は蒸気機関を、それを追う米独はEVを重視していきます。だから、内燃機関車の黎明期をリードするベンツもポルシェもフォードも、電気技師からキャリアをスタートさせるのです。
EVは静かでガソリンのにおいもなく、操作も簡単です。なにせエンジンよりはるかに単純な仕組みですから、
とはいえ、EVは、発電所や電力網がなければ使い物になりません。今でも同じですが、航続距離も短すぎます。内燃機関エンジンがイグニッションで始動できるようになり、様々に操縦が簡単になると内燃機関が選ばれるようになります。
まあ、石油を売りたい人もいましたしね。

◆イギリスの不条理
英仏の蒸気機関自動車ですが、これはフランスがリードします。
イギリスは産業革命をリードしたがために、反機械の機運が高く、労働者保護のため自動車の規制を強めたからです。

赤旗法というナンセンスな法律があります。

簡単に言えば、自動車の前に先導する人が赤旗をもって歩かないといけないというもので、自動車の速度という魅力を、まったく無駄にするものです。

ですので、今残っている最古の自動車会社はフランスのプジョーだったりします。
1882年の創業です。もちろん蒸気自動車の会社です。
この時代、フランスを代表するカー・メーカーとしては、ド・ディオン・ブートン社もあります。

蒸気自動車がガソリン車に及ばない点は、水を使うこととボイラーという面倒な装置を扱うことです。上下水道などインフラの整った場所でないと使えないのです。しかも、運転手のほかにボイラー技士を載せる必要があります。ボイラーは大きいですしね。

ともあれ、自動車は、その実用化に向けて本命の内燃機関が登場を待つことになります。



年表:自動車の黎明期
01_02_

2019年3月10日 (日)

ミニコンバーチブル(F57)のナビ設定備忘メモ:交通情報アナウンスを消す

ミニコンバーチブル(F57)のiDrive(MINIでは「MINI コントローラー」と呼ぶ)のナビで、ETC 2.0(DSRC)の道路交通情報のアナウンスが、音楽を妨げて不快だったので、解除方法をマーカに問い合わせたので、そのメモ。

「目的地設定」→「ナビ設定」→「交通情報設定(VICS/ITS)」と進んで、「音声読み上げ」のチェックをを外すと良い模様。

ついでに聞いたのは、メモリ地点登録を消す方法。
「メモリ地点編集」で消したい地点を選んで「オプション」ボタンを押すと削除メニューが出る模様。
オプションボタンを押すというのは盲点だった。

2018年12月22日 (土)

tvk「クルマでいこう!」

Photo_5

最近、ポルシェほしい病を発症して、Youtubeでポルシェの映像を漁っていました。

この熱病自体は、じきに止むと思うのですが、Youtubeを漁る中で、tvkの「クルマでいこう!」という番組がを見つけました。

番組のフォーマットが昔、東京に住んでいた頃に見ていた自動車番組に似ているので、懐かしいなと思っていたのですが、これは勘違い。

当時の番組は「新車情報」という番組でキャスターも別の人のようでした。
通りで記憶と比べてキャスターの語りが甘口だな、と思いました。

で、なんでわざわざこの番組を取り上げているかというと、tvkつまりテレビ神奈川が気前よくYoutubeに番組まるごとをアップしていることに気前の良さ、というか時代を感じたから。

確かにプロがコストを掛けて作っているので、ユーチューバーの映像よりクオリティが高く、音声もクリア。
プロとアマの差を見せつける内容です。


スタジオのセットのセンスもいいです。
ガレージを思わせる小屋組にミニカーや自動車のイラストと楽しい画作りです。

「クルマでいこう!」は、tvkが番組を公開する真の意図はわかりません。

正直、地方UHF局が、この先、生き残るのは厳しいと思います。
しかし、この番組とネット公開という取り組みを見ると、地方局がコンテンツ制作会社として生きる可能性を示した番組じゃないかと思います。

それがTV局にとって幸せかはわかりませんが。

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ