2022年1月 1日 (土)

【自動車の250年史】第1話 自動車の黎明 

 ◆"自動車"の発明
自動車の歴史をいつから始めるのか、自動車の定義と相まって難しい問題です。
以前はガソリンエンジンこと内燃機関の発明を最初とすればよかったのですが、電気自動車(BEV)が脚光を浴び、内燃機関車をICE(Internal Combustion Engine)と呼んだりする時代に入り、もう少し幅広く見てみてもいいかと思います。

となると、人類が体系的に人工の動力を得た蒸気機関の発明が、自動車のスタートになるでしょう。
実用的な蒸気機関は、1712年のニューコメンによる炭鉱の排水ポンプ用蒸気機関です。この機関を乗り物に応用したいという情熱はあったようですね。
この蒸気動力による乗り物は、1802年にトレビシックの蒸気機関車として、1807年にロバート・フルトンの蒸気船として実用化されていきます。

自動車を、レールのない陸上のタイヤのついた乗り物と考えるなら、実は鉄道に先立つ1769年にフランス軍が大砲を引く動力としてキュニョーの砲車を開発しています。フランスの主張としては、少しは動いたようです。まあ、すぐに横転したりと実用性は乏しかったようです。

01_01_

キュニョーの砲車

実のところ、自動車の黎明期では、自動車の動力の本命は、この蒸気機関と電気モーター、そして内燃機関で相争うことになります。


◆"自動車"の本命争い
自動車の本命争いも、当然、蒸気機関がリードします。
なにせ、1712年には実用化も成った人類が大自然を乗り越えた産業革命の象徴です。これに追いすがるのが、内燃機関……ではなく、EVです。

1827年に電気モーターが、原理もわからず、ただ動くと発明され、早速に電動車は作られていきます。

この時代、産業革命で先行する英仏は蒸気機関を、それを追う米独はEVを重視していきます。だから、内燃機関車の黎明期をリードするベンツもポルシェもフォードも、電気技師からキャリアをスタートさせるのです。
EVは静かでガソリンのにおいもなく、操作も簡単です。なにせエンジンよりはるかに単純な仕組みですから、
とはいえ、EVは、発電所や電力網がなければ使い物になりません。今でも同じですが、航続距離も短すぎます。内燃機関エンジンがイグニッションで始動できるようになり、様々に操縦が簡単になると内燃機関が選ばれるようになります。
まあ、石油を売りたい人もいましたしね。

◆イギリスの不条理
英仏の蒸気機関自動車ですが、これはフランスがリードします。
イギリスは産業革命をリードしたがために、反機械の機運が高く、労働者保護のため自動車の規制を強めたからです。

赤旗法というナンセンスな法律があります。

簡単に言えば、自動車の前に先導する人が赤旗をもって歩かないといけないというもので、自動車の速度という魅力を、まったく無駄にするものです。

ですので、今残っている最古の自動車会社はフランスのプジョーだったりします。
1882年の創業です。もちろん蒸気自動車の会社です。
この時代、フランスを代表するカー・メーカーとしては、ド・ディオン・ブートン社もあります。

蒸気自動車がガソリン車に及ばない点は、水を使うこととボイラーという面倒な装置を扱うことです。上下水道などインフラの整った場所でないと使えないのです。しかも、運転手のほかにボイラー技士を載せる必要があります。ボイラーは大きいですしね。

ともあれ、自動車は、その実用化に向けて本命の内燃機関が登場を待つことになります。



年表:自動車の黎明期
01_02_

2021年10月20日 (水)

閃光のハサウェイ【アニメレビュー】



アニメ映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(以下『ハサウェイ』)は、1989年、まさにバブルと昭和と冷戦が終わるころに、ガンダムの生みの親である富野由悠季さんが発表した小説を、2018年に映画化を始め、なんやかんやで21年に公開された作品です。
つまり、30年前の小説の映像化ですね。

正直、古くからのファンの中には「あれを映像化しても、まったく、ちっとも面白くないぞ」と思っていた人も多かったと思います。
それが意外にもガンダム映画としては、大ヒットといえる興行収入20億円を超えるヒットになりました。
エリートの息子がテロリストになって自滅するという話でエンタメとして成立していなかったのですが、意外な健闘ですね。

コロナで他に娯楽がなかったなど、いろいろな要因があるかと思いますが、ISISやタリバンなどテロが身近になり、温暖化など環境問題が切実になったことで、現代人にとってテーマがリアルになったのかもしれませんね・・・と言うとそれっぽいですが、実は逆です。

富野が書いた『ハサウェイ』は「赤軍の子供たち」の話です。
つまり、ガンダムでニュータイプという、ヒッピーでラブ&ピースでフラワーチルドレンな救済を描いたけど、学生運動では世界は変わらず、Ζガンダムでは学生運動ブントの抗争を描き、赤軍派ネオジオンはあさま山荘(アクシズ)で自滅して、三島由紀夫(シャア)は市ヶ谷で誰にも理解されず死んでいった。

そんな敗北の後、世の中はバブルとラブコメブームで恋愛至上主義と消費社会に移行し、しらけ世代が「政治、だっせぇ」といっているときに、バブルの狂乱にも乗ることができなかった、遅れてきた青年がハサウェイです。
だから、彼は元カノのためにも、超絶美人ギギにも情熱をもてない、恋愛不能者として描かれているわけです。

たぶん、ハサウェイの同級生は、毎週末、ポンギにベンベで乗り付けて踊っています。

そんなユーミンで柴門ふみな東京ラブストーリ時代に「俺、三島のことわかりたいんだ」と言っている青年の話は「だっせぇ」し「生々しい」のです。

それが30年を経て、脱臭されて「リアルと感じる」程度には、遠い話になったということでしょう。(それと、現在がバブルの恋愛資本主義が破滅した時代という世相もある)

おっと、もう40行……導入が長くなってますね。巻いていきます。


私は『ハサウェイ』が最初三部作で公開と聞いたとき、話がぶつ切りになって、映画として駄作にしかならないと思ったのですが、意外とよかったです。
不条理カルト映画として見ると、話がちょん切られているというのもアリです。

この映画をカルト映画として見るなら、鬱気質の青年が、不条理を人生に感じ、恋愛にもテロルにも、本当の意味では情熱を感じないが、パイロットとして大空を駆け巡る時だけ開放感を感じられる、という話で、ええ話でした(涙)。


そんなハサウェイの敵ですが、軍隊の名前が「キルケー隊」といい、フラッグシップのロボットの名前は「ペーネロペー」といいます。
キルケーもペーネロペーも、オデッセウスという、広義でのギリシア神話に出てくる英雄の妻です。
ペーネロペーは、オデッセウスが戦争に行っている間、国と操を守った女性で西洋では純潔の象徴、キルケーは、オデッセウスの現地妻です。
オデッセウスの方は操を守ってないんですよね。まったく、男ってやつは……

正直、ペーネロペーやキルケーのエピソードが『ハサウェイ』の物語の何かを象徴しいる感じはありません。
「唐突なギリシア神話、なぜだろう」という感じですが、多分、宮崎駿への当てつけですね。

宮崎駿は『風の谷のナウシカ』を赤字ながら当てて巨匠あつかい。
これが許せなかったのでしょう。
「俺だって、ギリシア神話知ってるもん」とペーネロペーとキルケーを引っ張り出してきたんでしょう。

え?ナウシカは、宮崎駿のオリジナル漫画ですよって?
いや、ギリシア神話でしょう。

オデッセウスの冒険を描いたギリシア神話『オデュッセイア』に出てくる、オデッセウスが風で筏が吹き飛ばされて漂着する島の王女がナウシカアーです。

富野さん「宮崎がナウシカアーなら、俺はペーネロペーとキルケーだ」と。


さて、そういうわけで、『オデュッセイア』です。
英語では『ユリシーズ』ですね。

これは、小国の王、オデッセウスがトロイ戦争という、くそ下らない戦争に巻き込まれて、「もう木馬に化けて潜入しようぜ」とか言い出すところから始まる話です。


トロイ戦争が、どれだけくだらないかというと、始まりは結婚式に呼ばれなかったお局さん、女神エリスが「弟のアレスは呼んで、私は呼ばないとは許すまじ」と復讐することが発端です。

エリス……そういうとこやで。

で、エリスが、どんな嫌がらせをするかというと、結婚式の会場に「最も美しい女神へ」と書いたリンゴを放り込むのです。

世の女性は、一人の例外もなく自分が一番美しいと心から信じているので、さあ大変。
まあ、とりあえず、最終的には、女子グループの3TOP、ヘラ、アテナ、アフロディテの争いになります。
こういう女子の争いが起きたとき、男子は決して関わってはいけません。
しかし、うかつにもトロイの王子パリスが審判になってしまいます。

アホやなパリス。

で、自民党の総裁選のように賄賂合戦の開始です。
アフロディテがパリスに「この世で一番美しい女をやる」と言って総裁の地位を確保します。

「ということは、アフロディテがパリスの妻に?」と思いきや、パリスはヘレネーという女性を所望します。
いいのか、アフロディテ?

問題はヘレネーはすでに人妻だったということ。
そこは大国トロイの威圧力と女神の権威で押し切ります。
ミュケナイ国の王子の妻だったヘレネーを強奪。
ついでにスパルタの財宝も強奪です。
いや、別の国ですが……

全方位に敵を作ったトロイは、ギリシア連合軍に攻められるのですが、あまりに大国なので落とせないんですよね。
で、オデッセウスに参戦するよう要求が来るんですが、「そんなくそくだらねぇ戦争嫌や」と……

戦争は、いつも不毛ですね。

 

2018年12月20日 (木)

【読書メモ】公文書問題と日本の病理 (平凡社新書) [松岡資明(著)]

◆書籍として生煮え◆

Photo

著者は日経新聞の記者として、政府の公文書管理の調査検討委員を務めている。
公文書管理の解説書は2011年にも書いているので、「モリカケ騒動」や「日報問題」で公文書管理に注目が上がっているタイミングで焼き直し版を出したということかもしれない。

海外事例など示唆的な内容も多く、公文書管理の対象が行政文書の一部にとどまり、立法資料の管理が不十分といった指摘には学ばされた。

しかし、全体に書籍としての構成が甘く、似たような組織・委員会や法律が脈絡なく出てきて、いま何の話しをしているのか話の筋を追いづらい。
内容の薄さを補うために満蒙開拓団の悲劇で一章を設けるなど、話が飛びまくっている。(雑談としては面白いが、公文書管理の話に絡めるのは無理筋)


私が思うところとしては

公文書管理と公開は民主主義の基盤になる重要な業務ではあるが、今この瞬間の権力者にとっては、政敵に武器を渡すものでしかない。
「民主主義と歴史に資するため」というお題目では制度が骨抜きにされるだろう。

実際、政治権力闘争に情熱のない福田康夫氏や谷垣禎一氏が公文書管理に関心を持ち、権力闘争以外に関心がない安倍晋三氏は特定秘密保護法で骨抜きしたことに現れている。

管理の対象になっている役人も、情報開示は大嫌いだ。
彼らは情報を使ってマスコミをコントロールし、民意をコントロールするという手法を失いたくはないし、意思決定の責任も負いたくはないから。

また、一方で「モリカケ騒動」に見るように、野党が情報を政争の道具にしかしていないため、国民の関心も高まらない。
「総理案件」とか「忖度」などと政権攻撃の手段にせず、「現場レベルの不適切な意思決定が民主主義を害している」という点に絞り建設的な議論をしていれば、もう少しマシな議論になっただろうにと口惜しい。

公文書管理については現実の政治から距離を置いた場所で、静かに、粛々と行わなければ成功しないだろう。

2018年12月13日 (木)

【読書メモ】ほんとうの憲法: 戦後日本憲法学批判(ちくま新書) [篠田 英朗(著)]

◆戦後憲法論の不毛が見える◆

Photo

憲法における、特に9条の解釈を、憲法学的な文理解釈ではなく、国際法(条約)や既存の各国法制、特に英米法との関係から見つめ直そうという内容。

軍学者の兵藤八十八氏が、加憲(9条の改正ではなく、3項で自衛隊明記で自衛隊を合憲化する憲法改正手法)の合理性が分かる本と紹介していたので読んでみた。

印象としては、安倍総理の改憲論の理論的背景はこの人なんだな、ということ。

現状の国際法では自衛以外の戦闘行為は認められておらず、
日本国憲法は、国際法を守らなかった大日本帝国に噛んで含めて国際法の遵守を求めたものに過ぎず、
9条で禁止する武力行使は、当然、自衛権の行使を含んでいないので自衛隊は当然合憲で、
集団的であれ個別的であれ自衛権に制約があるはずもない、

ということが明晰に描かれている。

戦後日本の防衛を巡る議論の不毛さが浮き彫りになる本。

2018年12月12日 (水)

読書メモ】世界史序説(ちくま新書) [岡本 隆司(著)]

◆本当は弱かった中国◆

Photo_2

「世界史」といえば高校の教科にもあり、当たり前の存在と思いがちだが、この本は「世界史」が本当に存在するのか、という問いから始まる。
「世界=全人類」に共通の「物語」などないということ。

そこで東西の定住農耕文明(中国と欧州)とそれらをつなぐステップ地帯の移動牧畜民族の交流と力関係の変化を物語の軸として、世界史を捉え直している。

読後感としては、遊牧民族側に視点を持つことで中国文明が相対化され、新鮮な視点で世界史を捉え直すことが出来た。
国の規模や軍事的な力は、むしろ遊牧国家が歴史を通じて優勢だったことがわかる。



2018年12月 6日 (木)

【読書メモ】テンプル騎士団(集英社新書) [佐藤 賢一(著)]

フランス史に強い作家である佐藤賢一氏が書いたテンプル騎士団の発生から滅亡の軌跡。
物語小説ではなく、講談社現代新書で出ていた「カペー朝」「ヴァロワ朝」や集英社新書の「英仏百年戦争」と同じ歴史解説書になる。

正直、テンプル騎士団そのものへの興味というより、実績のある佐藤氏なら読み応えのある本だろうと思い手にとった。
期待は裏切らない出来。

テンプル騎士団が、十字軍で獲得したエルサレムへの巡礼路を守るために二人の貧乏騎士がボランティアで始めたものだということ、エルサレム神殿(テンプル)に宿舎をもらったからテンプル騎士団になったということ、騎士団というものは十字軍まではなく、修道院の組織を真似ながらテンプル騎士団が雛形を作った実に宗教色が強いものだということ、といったあたりは新鮮な知識。

また、テンプル騎士団が発展する中で、西欧から軍事物資を運ぶロジスティックのシステムが確立し、テンプル騎士団は運送業・貿易業・旅行業・為替銀行と発展、ついにフランスの、いやむしろ欧州の中央銀行的な地位に上り、国家さえ凌駕しつつあったというのは迫力がある。

最終的には、中東での十字軍が失敗し、歴史的使命を終えたテンプル騎士団は、ジョブチェンジに失敗し、というより自分たちの仕事がなくなったと気が付かず、孤立し滅亡する。
ビジネス環境の変化に適応できず潰れていく名門大企業を思わせ参考になる。

現代文化の面で面白かったのは、テンプル騎士団がスターウォーズのジェダイ騎士団のモデルではないかという考察。
これはあたっているのではないだろうか。
スターウォーズをパクった、もとい、インスパイヤーしたアニメ作品「エルガイム」(後に、永野護氏によりF.S.Sとして換骨奪胎されマンガ化)では、敵役の軍隊として、その名もテンプルナイツが出てくる。
ビジュアルイメージも、白マントに赤十字と同じ。

スターウォーズのジェダイ騎士は日本の「時代劇」から来ていると言われるが、それをパク、ではなくインスパイヤーしたエルガイムが騎士団のイメージをむしろ原型に戻したというのは、東西の文化交流として面白い。

     

2018年12月 4日 (火)

【読書メモ】中東大混迷を解く サイクス=ピコ協定 百年の呪縛 (新潮選書) [池内 恵(著)]

中東各国の成り立ちや政治動向を歴史的来歴から解説した本。
以前、同シリーズの続巻『 シーア派とスンニ派』を読み、非常に良い内容だったので、この本も読んでみた。

『シーア派とスンニ派』では、イランの国教とも言えるシーア派の成り立ちから、律法学者が支配するイランという国の統治構造が解き明かされ、イランについて理解を深めることができた。

本書(『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』)は、19世紀のオスマントルコ分割に始まる中東国家の成立と混乱を整理している。
本書では、中東での列強の悪事の代名詞である「サイクス=ピコ協定」を導入にしながら、より中東の混乱の元凶に近付こうとしている。

本書で得た新知識としては、サイクス=ピコ協定自体は実行されず、後のセーブル条約やローザンヌ条約で骨抜きにされていること、3つの協約・条約を通じて中東秩序の構築に挑戦し、失敗したということ。

著者は3つの協約・条約を「当時の人類の英知を注ぎ込んだ結果、なおも曝け出さざるを得なかった失敗」と表現している。
なかなか格好いい言い回しでしょ?

現代において中東が問題となっているのは、これらの枠組みが動揺し、欧米にとって都合のいい難民への壁が崩壊し、難民が欧米になだれ込んでいることという指摘は、著者の冷めた知性を感じさせる。

これら2冊はビジネスマンといえども、教養人なら必読だ。

 

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ