« 虚構推理【アニメレビュー】 | トップページ | 閃光のハサウェイ【アニメレビュー】 »

2021年6月26日 (土)

地球少女アルジェナ【アニメレビュー】

Photo_20210626151301

最近、ESGというものを調べ上げています。
ESGというのは、環境や人権などを重視する経営手法です。

長らく、特に日本では、企業というのはカネを儲けて、株主に配当することが最大の使命という企業観が支配的でした。
最近は、ステークホルダー経営という形で、こうした株主資本主義への修正が加えられる傾向があります。
最近よく聞く「パーパス経営」というのも、パーパスという企業の目標をスローガンに掲げることが本質ではなく、社会をよくするという目的=パーパスが企業の存在意義で、金儲けは、必要不可欠ではあるが、まあ手段であって目的ではないという企業哲学の転換が背景にあります。

このような世の中の価値観の変化を目の当たりにしたとき、2001年に放映され、誰に知られるでもなく爆死したカルトアニメ「地球少女アルジェナ」を思い出しました。

「地球少女アルジェナ」は、「マクロス」や「創聖のアクエリオン」を代表作に持つアニメ作家、河森正治さんが原作・監督を務める作品です。

タイトルの「地球少女」からもわかるように、ジャンルは魔法少女もの。
魔法少女まどか☆マギカ」などと同じジャンルですね。

主人公は、有吉樹奈(ありよし じゅな)。タイトルのアルジュナをもじった名前です。
アルジュナといえば、多くの日本人にはなじみの、ヒンドゥー教の神話「マハーバーラタ」の主人公であるカウラヴァ王国パーンダヴァ派の王子ですね。

え?知らん?
そりゃそうだ。

物語は、この主人公 樹奈が、彼氏とバイクでニケツして、事故って死ぬところから始まります。
臨死体験で病院の集中治療室で自分の死体を眺める樹奈が、クリスという金髪オッドアイの美少年に宇宙に呼び出され、地球は瀕死の状態であること、地球に巣食うラージャという怪獣と戦い、浄化するなら、もう一度命を与えることを告げられます。

いわば「まどか☆マギカ」のキュウベイみたいなもので、僕と契約して魔法少女になってよ、と持ち掛けるわけです。

なお、クリスという名前が、「マハーバーラタ」でアルジュナを導く、ヴィシュヌ神の化身(アバタール)であるクリシュナから取っていることは、日本人ならすぐにピンときますよね?ね?

本作は2001年の作品なので、すんなりと契約した樹奈は生き返り、ラージャが現れる現場に急行します。
そこは、敦賀湾の原子力発電所。
地球環境保護団体SEEDが乗り込み、緊迫した雰囲気に包まれます。

SEEDの女指揮官は、もうすぐ原発事故が起こると所長に告げ、所長は「原発は4重の安全装置があるから、絶対安全だ」と切り返します。
2001年ですから、原発が絶対安全なのは当然ですよね。

そして、主人公そっちのけで、お話は原発の是非論に!
(主人公、原発の中にも入っていません)

結局、ラージャに攻撃され、暴走する原子炉。
どこか遠くにいるお偉いさんは、原発事故により「もしもの時は一千年の都も人の住めぬ死の街となる」と最悪の事態を覚悟します。

原発所長は、所員を全員避難させ、自分一人で、原子炉の暴走を止めに行きます。
その所長にSEEDの女隊長は
「原子炉はリスクが大きすぎるわ。それに建設コストや核廃棄物の保管を含めればほとんど採算は取れない。現に欧米では原発の建設を中止したり廃止したりしている国が」
と今週のお説教タイム。

アルジュナでは、毎週、登場人物によるエコ説教があり、シュールギャグとして楽しめます。

説教された所長は
「君に言われなくても分かってる」

意外と所長、原発推進派じゃないんだ。

そして青い光を放つ原子炉・・・

まあ、本来ならこれで西日本は壊滅ですが、これはアニメ、クリスの活躍で、なんとか最悪の事態は回避されます。
主人公の樹奈は、まったく役に立ちませんでした。

怒ったクリスは、樹奈に「お前は穢れている」「穢れを払え」と言って、樹奈を日本アルプスに捨てて帰ります。

そして次のエピソード、自然農、ようするに農地を耕さず、農薬も肥料も与えない、雑草と虫が育つに任せる農法をやっている仙人みたいな爺さんに樹奈は拾われ、近代農法の闇を学びます。

その後も、Mのマークが印象的なハンバーガーをめぐる、成長促進剤や保存料たっぷりの加工食品の闇とか、詰め込み教育の害、遺伝子操作の話を通じて、樹奈は地球の危機に目覚めていくのです。


この「地球少女アルジェナ」、2001年の放送当時には「なんじゃこれ」と思い、一周回ってシュールギャグかとも思いましたが、3・11を経験し、僕の中では再評価です。

自然農も「さすがに趣味の世界だよ」と思っていましたが、ESGを調べていくと化学肥料を使わず、農地を耕さない「リジェネラティブ農業」は、今日ではリアリティがあると知り、驚きました。

こうしたエコ話に加え、背景にあるヒンドゥー教サーンキヤ哲学(みんな大好きヨガの理論面ね)も今の時代に合っている気がします。
まあ、河森さんなのでサーンキヤ哲学そのものというより華厳っぽいと思いましたけど。

そういうわけで、エコとかサスティナを考える人は、ぜひ見てください。

« 虚構推理【アニメレビュー】 | トップページ | 閃光のハサウェイ【アニメレビュー】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ