« serial experiments lain【アニメレビュー】 | トップページ | グランベルム【アニメレビュー】 »

2020年8月13日 (木)

ぼくらの【アニメレビュー】

Photo_20200813115801

今回はゼロ年代を代表するビターな作品『ぼくらの』のアニメレビューです。

『ぼくらの』は、鬼頭莫宏さんの原作漫画を元にした2007年のアニメです。

漫画自体は、秋山ジョージさんの「ザ・ムーン」に着想を得たロボットものです。
原作とのテイストの違いなどもあり、原作ファンからは酷評されることもある本作ですが、今日の目から見ると、『魔法少女まどか☆マギカ』の先駆けともいえ、アニメ史的にも面白い位置にいます。


物語は・・・

臨海学校に来ていた中学生14名がココペリと名乗る謎の青年にロボを操って地球を守るゲームをやらないかと誘われ、「契約」をするところから始まります。
TVゲームと思い参加したところ、現実に巨大ロボットが現れ、彼らはそのパイロットとして、別に現れた敵ロボットと戦うことになります。
毎回、一人のパイロットが選ばれ、戦闘が終わるとパイロットは死にます。

負けて死ぬのではなく、勝っても生命力を吸われるように死にます。

その後、明らかになるのは、この戦いは、並行宇宙の間引きのために、それぞれの宇宙代表を戦わせ、勝った宇宙は残り、負けた方は宇宙ごと消滅するというバトルロワイアルだというカラクリです。
それを仕掛けたのは、我々とは異なる並行宇宙の人類で、我々よりも発展しており、宇宙が増えすぎることで、おそらくは並行宇宙全体が死滅することを避けるために、間引きを行っていると示唆されます。

正直なところ、問答無用で自分の宇宙だけを残して、片っ端から間引く方が効率的なのですが、他の宇宙の生き残りのための画策を搾取の手段にしているようです。

物語中では、我々の宇宙の財界が(子供たちの命に無関心に)ロボットの技術を経済活動に利用しようと、他の宇宙からエネルギーを吸い出す塔を建てたところ、それはトラップで、逆にエネルギーを永遠に搾取されるようになったという顛末になっています。


さて、本作は、ゼロ年代(2000年から2010年まで)に流行したバトルロワイヤル物の系譜なのですが、物語構造自体は、3・11の年にヒットした『魔法少女まどか☆マギカ』そのものです。

異界の悪意が思春期の少年少女を「契約」でヒーローにし、その見返りに宇宙を維持するエネルギーを搾取するというものです。

『まどか』は、おそらくは、ヤマト、ガンダム、エヴァに並ぶアニメ史のエポックとして記憶されるでしょうが、その原案ともいえるような『ぼくらの』は、知る人ぞ知る佳作にとどまってしまいました。

これも時代性というものでしょう。
ゼロ年代というのは、バブルが崩壊し、ロスジェネが認識され始めたころで、まだロスジェネは、たまたま就職難の時期で、その世代が不幸なのは当人の努力不足ととらえられていたころです。

それが11年の東日本大震災による意識変革で、世代間搾取の構造が露になったことが大きいかもしれません。

少年少女(若い世代)が世界のために犠牲になっている、という構造が一過性の景気変動ではなく、社会構造の変化として固定化されたため、まどかたち魔法少女の悲劇が、我がこととして受け入れられたのかもしれません。

あと、『魔法少女まどか☆マギカ』はストーリーはビターでしたが、最後はファンタジーで救っているので、視聴者が受け入れやすい、つまり罪悪感を持たずに済んだことも大きいです。

『ぼくらの』は、最後、子供たちは全滅し、その犠牲で我々の宇宙は救われるが、支配者へ一矢報いることもできず、搾取の構造も受け入れたままというビターな結末で、ちょっと救いがないのです。
ただ、この国が一直線に衰退しており、おそらく未来の子供たちは僕らの世代に搾取され、僕らは支配者たる他国に搾取され、その構造を変えることはできないという現実を正確に映しているのは『ぼくらの』の方なのですが・・・

でも、そんな現実、ごまかした方がヒット作にはなりますよね。

ヒットの原理は「共感と気づき」と言われることもありますが、本作は気づきたくないことへの気づきの強要があり、共感を排除しているというのが、通好みではあるのですが、大衆化しないポイントと分析いたします。
ヒットを作りた人は、『ぼくらの』を反面教師に、最後は甘い砂糖をまぶしましょう。
『まどか』になれます。

 

« serial experiments lain【アニメレビュー】 | トップページ | グランベルム【アニメレビュー】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ