« シンガポール旅行【飛行機編】 | トップページ | 「少女終末旅行」【アニメレビュー】 »

2020年5月 9日 (土)

ガルパンの軍歌 BC自由学園の「玉ねぎの歌(クラリネットをこわしちゃった)」のサビ

蔦屋のレンタルを申し込んでいた「ガールズ&パンツァー 最終章 第二話」が届いたのでし、今更ながら視聴。
 
「ガールズ&パンツァー」というのは、戦車道という戦車を使ったスポーツ競技がある架空の日本を舞台にしたスポコンもののアニメです。 
 
主人公チームの対戦相手は、第二次世界大戦の戦車大国を模したチームで、「最終章 第二話」の相手は、BC自由学園、要するに、ナチに陥落した後、南フランスで新ナチ政権として存続したヴィシー・フランスと、ロンドンに亡命したド・ゴールが率いた反ナチ政権の自由フランスの合体ですね。
 
で、このアニメ、対戦チームの進撃に合わせて。その国のメジャーな軍歌が歌われるのが一つの見せ場なのですが、今回はフランスということで「玉ねぎの歌」。
ナポレオン軍の軍歌です。
 
といっても、むしろ日本人は、その替え歌の「クラリネットをこわしちゃった」の方がなじみがあるかと思います。
ドとレとミとファとソとラとシの音が出ない、アレです。
 
この曲のサビ「オーパッキャマラードーパッキャマラードーパオパオパパパ」って、おそらく般若心経の「ギューテーギョーテー」なみに意味を考えずに歌っている人が多いと思います。
というか「オーパッキャマラードー」とすら意識せずに「パッパラパー」ぐらいに思ってませんか?
 
実は、このサビ、軍歌だけあって、結構かっこいい内容なんです。
意訳すると「進もう戦友よ 進もう」となります。
 
まあ、曲自体は「揚げた玉ねぎは旨いから、オーストリア人には食わせねぇぜ」という勇ましいのか、コミカルなのかわからん曲ですが・・・
 
以上、五か国語できるおっさんのフランス語講座でした。

« シンガポール旅行【飛行機編】 | トップページ | 「少女終末旅行」【アニメレビュー】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ