« tvk「クルマでいこう!」 | トップページ | ミニコンバーチブル(F57)のナビ設定備忘メモ:交通情報アナウンスを消す »

2018年12月25日 (火)

【読書メモ】習近平のデジタル文化大革命(講談社+α新書) [川島博之(著)]

Photo

◆習近平政権のロジック分析は面白い◆

中国の光と闇でいえば闇の側にスポットを当てた本。
習近平政権はITやAIを活用して超監視社会を作っているという話。

正直、中国が監視社会であろうが勝手にやってくれればいいし、そう簡単には中国は倒れないと思うけど、2つほど面白い話があった。

【面白かったポイント1】
習近平政権がグレートファイアーウォールで情報統制し、海外情報が取れなくなっていることについて、若手金融マンが「生き馬の目を抜く国際金融の世界を生き抜くことなんてできない」と指摘している。
金融では中国は力を落とすだろうと思われる。


【面白かったポイント2】
なぜ、習近平政権が強権政治をするかというロジック。
習近平政権の役割は、不動産バブルのソフトランディングで共産党政権を維持すること。
→必然的に景気は減速する。
→金持ちになれない民衆の怒りをなだめるために汚職追放をやるしかない。
→習近平は恨みを買う。
→終身国家主席になることで身を守るしかない。

そういう意味では、終身国家主席に就任するのは、強さというより弱さの現れかもしれない。

また、この政治分析において、王岐山を副主席にしたのは、習近平が死んでも主席になることは出来ず、確実に報復をするポジションにある王岐山を権力安定化装置にするためという指摘は興味深い。
(王岐山は高齢で常任委員でもない)

こうした政治分析の鋭さは大したものなので、中国の権力構造を理解する一助になる本と思われる。

« tvk「クルマでいこう!」 | トップページ | ミニコンバーチブル(F57)のナビ設定備忘メモ:交通情報アナウンスを消す »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« tvk「クルマでいこう!」 | トップページ | ミニコンバーチブル(F57)のナビ設定備忘メモ:交通情報アナウンスを消す »

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ