« 【読書メモ】テンプル騎士団(集英社新書) [佐藤 賢一(著)] | トップページ | 【読書メモ】性格スキル 人生を決める5つの能力(祥伝社新書) [鶴光太郎(著)] »

2018年12月 7日 (金)

【読書メモ】サカナとヤクザ(小学館) [鈴木智彦(著)]

◆アジールとしての築地◆

著者が5年にも及ぶ潜入調査で得た実体験が圧巻。
基本的には"懇意の"ヤーさまを通じて取材源に接触するなど、常人には出来ない取材。
アカデミックな調査も裏付けに使っており、日本のアワビの45%が密漁で、密漁の市場規模が100億円程度と具体的な市場規模もわかる。
移転で揺れた築地の労働者として働いて取材するなど、日本の漁業の裏の顔が見えてくる。

印象的だったのは、築地の労働者は過去を問われることもなく、築地は食い詰め者が人生の再生の場とすることができる緩さを持った空間だったということ。
ある種のアジール(そこに逃げ込んだ者は保護され,世俗的な権力も侵すことができない聖なる地域,避難所)として機能していたのだろう。

魚業界から闇勢力が排除されるにつれて、必然的にアジールも失われていくというのは、皮肉に感じた。

« 【読書メモ】テンプル騎士団(集英社新書) [佐藤 賢一(著)] | トップページ | 【読書メモ】性格スキル 人生を決める5つの能力(祥伝社新書) [鶴光太郎(著)] »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【読書メモ】サカナとヤクザ(小学館) [鈴木智彦(著)]:

« 【読書メモ】テンプル騎士団(集英社新書) [佐藤 賢一(著)] | トップページ | 【読書メモ】性格スキル 人生を決める5つの能力(祥伝社新書) [鶴光太郎(著)] »

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ