« 【読書メモ】サイバー空間を支配する者(日本経済新聞出版社) [持永大 著/村野正泰 著/土屋大洋 著] | トップページ | 読書メモ】世界史序説(ちくま新書) [岡本 隆司(著)] »

2018年12月11日 (火)

【読書メモ】いちばんやさしいブロックチェーンの教本(インプレス) [杉井靖典(著)]

◆ブロックチェーンを取り巻くICT技術が理解できるバイブル的書籍◆

Photo_2

カレンシーポート株式会社の代表取締役として実際にフィンテックシステムを開発している著者によるブロックチェーン技術の解説書。

ブロックチェーンというと「ビットコイン儲かりますよ」という山師的書籍か、「ブロックチェーンですごいビジネスが出来まっせ。ほんま、すごいんですよ」と技術度外視書かれた文系的な本か、「サトシナカモト論文によると、こう実装して」という純技術的な本が多い中、本書は絶妙なバランスで技術とビジネスのつなぎが書かれている。

著者がブロックチェーンを等身大に解説しており、つまるところ古い型の分散型台帳の実現方法の一つでしかない、だけど、こう応用できると書いているので、現実のブロックチェーンの姿とその可能性が客観的に理解できる。

僕は小学生の頃にPCブームでベーシックの洗礼を受け、PCのマニュアルを読んで基本的なプログラムの概念を学び、社会人としては企業の人工知能研究所に所属してプログラミングを学ぶなど、少しはコンピュータをかじっているのだけど、正直、暗号技術を真面目に勉強したり、分散DBのトレンドを追ってはいなかったので、ICT技術をバランスよく理解するのに、本書が役立った。

なんとか読み通したけど、少し読み応えはあったので、ど文系の人には難しいかもしれない。

とはいえ、この本のおかげで、ブロックチェーンに感じていたモヤモヤが解消した。
是非オススメしたい本。

« 【読書メモ】サイバー空間を支配する者(日本経済新聞出版社) [持永大 著/村野正泰 著/土屋大洋 著] | トップページ | 読書メモ】世界史序説(ちくま新書) [岡本 隆司(著)] »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 【読書メモ】サイバー空間を支配する者(日本経済新聞出版社) [持永大 著/村野正泰 著/土屋大洋 著] | トップページ | 読書メモ】世界史序説(ちくま新書) [岡本 隆司(著)] »

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ