« 【読書メモ】ほんとうの憲法: 戦後日本憲法学批判(ちくま新書) [篠田 英朗(著)] | トップページ | 【読書メモ】マネタイズ戦略(ダイヤモンド社) [川上昌直(著)] »

2018年12月14日 (金)

【読書メモ】日本の税金 第3版(岩波新書) ["三木義一(著)]

◆中立的立場で書かれた日本の税制度解説書◆

Photo

複雑怪奇な日本の税制を体系的に学びたくて手にとった本。
読んでいると役人や政治家が、いかにその場しのぎで税制をイジってきたかわかる。

最も不誠実だと思うのはサラリーマン税制。

消費税導入の根拠をクロヨン(サラリーマンはきちんと課税されているが自営業者は補足できていない)、つまり「可愛そうなサラリーマンを救う」と言っておきながら、消費税が成立すると舌の根も乾かないうちに、「サラリーマンには手厚い所得控除があるから増税スべし」と手のひらを返したこと(本書P17-18)。
役人なんて、死んでも信じてはいけないことがわかる。

著者は、税制について国民の参加を募るべきで、そのためには税の情報開示をすべき、つまり痛税感を感じさせるべき、という考えのよう。

この点には同意できない。
消費税については、完全な内税化と、例外なき課税をすべきだと考えているから。

理由は、痛税感がなければ税負担は苦にならないし、内税にすることで税の実質的負担は、消費者と事業者(の利益)で適切に分配されるから。
逆に言うと、事業者が「利益を減らしたくないから間接反対」と言っていたのをごまかすために、「消費」税なんて変な税制になっているので。これは本来の「付加価値税」に戻すべきというのが、私の持論。
物を買うのに「罰金」を払うのは、少々理不尽だし、レジで金額が変わるのは消費意欲を大幅に減殺するから。

とはいえ、ブラックボックスになりがちな税を、中立的立場で国民にわかりやすく解説するという意味では、本書は貴重だと思われる。


« 【読書メモ】ほんとうの憲法: 戦後日本憲法学批判(ちくま新書) [篠田 英朗(著)] | トップページ | 【読書メモ】マネタイズ戦略(ダイヤモンド社) [川上昌直(著)] »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【読書メモ】日本の税金 第3版(岩波新書) ["三木義一(著)]:

« 【読書メモ】ほんとうの憲法: 戦後日本憲法学批判(ちくま新書) [篠田 英朗(著)] | トップページ | 【読書メモ】マネタイズ戦略(ダイヤモンド社) [川上昌直(著)] »

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ