« 新世界より(ネタバレあるよ) | トップページ | トレランシューズを買った »

2013年8月18日 (日)

パッチワーク式ソングライティング入門

夏休みを利用して「パッチワーク式ソングライティング入門」を積ん読状態から開放して、まずは通読しました。

作詞作曲を手取り足取り教えてくれる本です。

通常の作曲本は楽典の基礎とコードワークのさわりを中心に書かれるので、読んだだけでは、「さてどうしよう」と実践に結びつかない可能性もありますが、本書は手取り足取り、鼻歌から初めて本格的な3部構成のポップスまで、ドリルをこなす要領で進めることができます。

ドリルの歌詞例も気負わない脱力歌詞で、気楽に挑戦できます。

本書がさらに意欲的なのは、ギターとピアノの2種類の楽器で、どのようにコードを弾けばいいのか書いていること。

コードネームだけだと、伴奏してもピンと来ませんが、コードの弾き方まで書いているので、これまた敷居が低くなっています。

これまで他の作曲本で挫折した方も、是非、手に取ってみてください。

僕も頑張って、次は精読・練習に励みます。

« 新世界より(ネタバレあるよ) | トップページ | トレランシューズを買った »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パッチワーク式ソングライティング入門:

« 新世界より(ネタバレあるよ) | トップページ | トレランシューズを買った »

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ