« 「JOYSOUND DIVE」を使えば、自宅で一人カラオケ!・・・orz | トップページ | パッチワーク式ソングライティング入門 »

2013年5月 3日 (金)

新世界より(ネタバレあるよ)

アニメ版を見て面白かったので、小説版にも手を出して読了。
分厚い文庫本で3冊という大長編ですが、1日で読めました。

一番の魅力は、なんと言っても、主人公(早季)達の暮らす「新世界」が、どんな血塗られた歴史の上にあるのかという、大河歴史物語ですね。

アニメ版でも十分に堪能できましたが、小説版の魅力は、主人公の心理描写や回想が充実していて、アニメを見ていて気づかなかった発見があることです。

まさか、早季が安全保障会議まで真理亜の死や、遺骨の届け出を知らなかったとは・・・
そして、アニメ版では明確に描かれなかった早季の最後の決断も印象的でした。

アニメを見た人にも、是非読んでいただきたい作品です。

« 「JOYSOUND DIVE」を使えば、自宅で一人カラオケ!・・・orz | トップページ | パッチワーク式ソングライティング入門 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新世界より(ネタバレあるよ):

« 「JOYSOUND DIVE」を使えば、自宅で一人カラオケ!・・・orz | トップページ | パッチワーク式ソングライティング入門 »

フォト

最近のコメント

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ