« 2010年3月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

新クロサギ 18巻


出版社: 小学館 (2013/3/29)
ISBN-10: 4091850375
¥580

累計800万部越えの人気マンガ「クロサギ」の38冊目です。
今回は、AIJ投資顧問の企業年金資金消失問題を題材にした年金運用詐欺と、海外ブランドの進出詐欺をテーマにしています。

事件の規模も、どんどん大きくなり、ドラゴンボールで言えばセルゲームなみにスケールアップ。

そんなわけで、「新クロサギ」は、今巻で終わりです。

まあ、6月に完結編第1巻が発売ですけどね。

押尾コータローのギターを弾きまくロー!

出版社: NHK出版 (2013/3/25)
ISBN-10: 4141897639
価格: ¥ 1,050   

4月5月のNHK「趣味Do楽」は、押尾コータローさんを迎えてのギター講座です。
さっそくテキストを買ってきました。

内容は、ギターの買い方といった、ギターの基礎の基礎から始まり、押尾コータローさんのギターコラム、課題曲といった内容です。

押尾コータローさんといえば、ギター一本で複雑な曲を弾くソロ・ギターをイメージしますが、通常の課題曲はコードストロークで、特にメロディを弾くものではないので、初心者が十分ついてこれる内容です。

最終的な目標は、戦場のメリークリスマスのテーマをソロ・ギターで弾くものです。
この曲は、ソロ弾きの上、『DADGAD』(ダドガド)チューニングなので、ある意味、集大成的な課題曲ですね。
編曲は南澤大介さん。「ソロギターのしらべ」に掲載されてものの簡略版のようです。

さて、6月に、僕は戦メリをマスターしているでしょうか?

「日本国憲法」廃棄論

「日本国憲法」廃棄論― まがいものでない立憲君主制のために
兵頭二十八 著
草思社 1,680円(本体1,600円)
ISBN 978-4-7942-1965-7

ずいぶんと物騒なタイトルですが、内容はというと、日本国憲法が制定された時代の国際政治の潮流や政治思想、日本国憲法の制定過程を丹念に検証したものです。
もちろんタイトル通り、著者の主張は日本国憲法は廃棄して、立憲君主制を謳った憲法を策定すべきだ、というものですので、十分物騒です。(^_^;

しかしながら、著者の魅力は、その過激な主張というより、博覧強記などな読書経験を活かした、うんちく話にあります。

日本国憲法が米国に「押しつけ」られる前に、米国はハイチやフィリピン(事実上の米国植民地)で同じ事をやっていた、というような知見は、結構新鮮でした。

政治思想では、SF作家のH・G・ウェルズに着目して、世界政府による一元統治という「理想」に欧州がとりつかれていく姿を描いているのも面白いと感じました。

立憲君主制が理想かどうかは分かりませんが、太平洋戦争史の理解を深める一助になるかと思います。

« 2010年3月 | トップページ | 2013年4月 »